バイアグラを薬局で購入できない理由

バイアグラを薬局で購入できない理由

まず前提として、「薬局」の意味を知る必要があります。「薬局」とは、局内に薬剤師が常駐していて、処方箋を受け付けている医薬品販売店のことをいいます。したがって、街中にあるような風邪薬などを販売しているお店は厳密には「薬店」と言います。薬局と薬店は言葉が似ていて紛らわしいので、薬店のことを「ドラッグストア」と呼ぶことがありますね。薬店は処方医薬品を扱っていないので、バイアグラは売っていません。

 

薬局は処方箋医薬品を扱えるので、バイアグラの取り扱いもできそうですよね。でも基本的には購入できません。それはなぜか?

 

実は、EDクリニックは院内でバイアグラを渡してしまうことが多いんです。扱う医薬品の種類が少ないので、病院内で医薬品を保管できてしまうのです。そのため、バイアグラを扱っている薬局はほとんどないのではないかと思われます。したがって、薬局ではバイアグラは購入できないということになります。個人輸入以外の方法でバイアグラを入手したい場合は、EDクリニックに行って診察を受ける以外に方法はありません。