ニセモノのバイアグラを見分ける方法

バイアグラには本物とニセモノがある

バイアグラは人気の高い治療薬なので、ニセモノが横行しているという実情があります。添加物を混ぜて量を増やすことで原価を下げ、利益率を高める手口が多いようです。一説には、ネット上に出回っているバイアグラのおよそ半分がニセモノという話もあります。

 

個人輸入の場合手元に届くまでニセモノかどうか判断できません。そのため、信頼できる業者から購入することが重要となります。ここで、本物を扱っている業者を見分けるポイントをお教えします。

@有効成分(シルデナフィル)の含有量25mg〜50mgのバイアグラを扱っている

 

シルデナフィル含有量の少ないバイアグラはニセモノを作るメリットがないため、ニセモノの流通量が極端に少ないです。そのため、25、50mgのバイアグラを扱っている代行業者はニセモノを扱っている可能性は小さくなります。

 

A成分鑑定書を提示している

 

商品に関する成分鑑定を行っている場合、含有成分や含有量がわかるので問題ない商品かどうか確認できます。

 

B問い合わせ用の窓口が完備されている

 

メールフォームなどの問い合わせフォームが用意されていれば、商品についてのサポートが受けられます。ニセモノを扱っている業者であれば、連絡が来ると困るので問い合わせ窓口は用意していないことが多いです。

 

オオサカ堂はこれらすべての条件を満たしているので、本物を扱っている可能性が高いことがわかります。

 


例えばバイアグラに関しても、ページ上にこのような成分鑑定書が提示されています。(画像クリックで拡大されます)